株式会社サミーライフ

販売代理店様
ログイン

オキシトシンシリーズ(愛情ホルモン)

睡眠・痛み・自律神経・ストレス

心身の疲れを取る方法は数知れなくありますが、最近話題になっている「オキシトシン」はご存じでしょうか。
これは、脳内で発生する〝ペプチドホルモン〟9個のアミノ酸で構成されています。出産には必要で、多量に分泌されまず。子宮の収縮を促したり母乳を作ります。乳児が乳首を吸うことで刺激され「オキシトシン」が発生します。この「オキシトシン」は妊婦ばかりではなく、男性でも分泌されます。非妊娠時でも、計測が出来るぐらいにオキシトシンが発生する事は良くあります。睡眠やストレスに対して良い影響をもたらせます。
いったい、美容・理容関係に携わっている皆さまにとって、どんな影響があるでしょうか?

1つの計測結果により新商品スプレーとフェイスクリームを開発

このほど、NHKの人気番組で、この「タッチケア」が紹介されました。
夫婦ないし女性の友人同士で5分ほどハグしつづけて、〝ある物質〟の変化を見よう、というものです。〝ある物質〟とは、オキシトシンというホルモンです。
それが唾液中にどれほど含まれるか…。
結果は明らかにそのオキシトシンが増えて、実験は成功しました。
女性の友人同士に至っては184%という増加です。

オキシトシンは〝しあわせホルモン〟とも言われるホルモンで、脳の視床下部にあって、
幸せを感じたときそこから分泌されます。NHKの実験は、それを実証したのです。
サミーライフでは、唾液では無く、血液検査で実施をしました。血液を採取して、クリームを上半身に塗って15分後にさらに血液を採取してその結果を取りました。
塗る前より170%の増加がありました。
塗った人に幸福ホルモンが発生することは、これが施術者であれば、施術を受ける人にも与えられるのであれば、施術を受けた人はこの先生は凄く上手と感じるのかもしれません。
オキシトンクリームをもっと身近に使って頂きたく、健康博覧会で新商品、2商品を発表致します。

〝触れる〟ことの効用

一般的に脳で発生したホルモンは血中に入って体内の各部に運ばれます。
そういうホルモンの中で、オキシトシンは神経伝達物質という働きも併せ持っています。
つまり自ら作用をつくり出して幸せな気分を覚えさせ、痛みを緩和する、という仕事をするのですね。
いったい、こんなオキシトシン、どうしてわかったのでしょうか。

話はスエーデンに移ります。
スエーデンといえば医療費ゼロの国で有名ですが、今から半世紀ほど前、看護師さんが、母親に変わって生まれた赤ちゃんを穏やかにするため手を摩ってあげていたのです。
それが功を奏し、赤ちゃんの体温が安定し、体重の増加もめまぐるしいことから、その原因をつきとめたところ、わかったのはオキシトシンというホルモンの存在でした。
それで自然とこの方法が広まり、「タクティールケア」として医療にも利用されるようになっています。
ちなみに、名前の由来はタクティリス(「触れる」)というラテン語からきています。
これは、赤ちゃんだけでなく、成人やお年寄りにも等しく効果がありました。
認知症についても一定の効果が認められていますから見逃せません。

今では世界中にこの「タクティールケア」が普及しています。
もちろん日本にも研究所があり、その他「日本タッチケア協会」などもつくられて、各地で活動が行われています。

1秒に5センチ

このケアの基本は、やさしく、1秒間に5センチほどのゆっくりとした〝さすり〟です。
5分から10分行います。特別な技術は要りません。これが、〝しあわせホルモン〟オキシトシンを出す極意です。
東日本や熊本の大震災に遭われた被災者の方への心身のケアとしても積極的に活用されています。
おもしろいことに、このオキシトシンは施術者の側にも増えてくることがわかっています。理・美容に携わっていらっしゃる皆さまは無意識にこのオキシトシンの恩恵を受けていることでしょう。

こうしたタッチケアだけでなく、オキシトシンというホルモンはいろんなときに分泌されます。たとえばテレビのドラマなどでほのぼのとしたシーンを見たとき、逆に悲しい境遇にあってそれを乗り越えられた場面…。嬉しくてしようがない時。いいことをして褒められた時…とにかくいろんな場面でオキシトシンはどんどん分泌されます。
古くはイエスキリスト、お釈迦様などの〝手かざし〟もオキシトシン効果でしょうし、東洋で〝気〟という用語が使われますが、こうした〝気の流れ〟も、オキシトシンのひとつと言えそうです。

オキシトシンをさらに

そんななか、オキシトシンそのものをもっと積極的に取り入れようという動きが起こっています。
オキシトシンは9つのアミノ酸で構成されたペプチドです。ですから、それを合成することは難しいことではありません。
現在、スプレーなどが市販されていますが、そんななか、クリームタイプのオキシトシンが、専門家用に開発されました。
つまり、理・美容関係の技術者が、このクリームを利用してオキシトシン効果を飛躍的にパワーアップしていけるのです。

クリームを手にとり、患者様の背中や手などに塗って、ゆっくりやさしく包み込むようにマッサージするだけで、双方にオキシトシンが通常よりたくさん分泌されます。
すでにモニターで試用された方の感想も好評で、なにより顧客の満足度が高まることが、うれしいことです。
新メニューとして「オキシトシンマッサージ」と銘打ち、収益増を狙うのもいいでしょう。
これは、通常の施術の前に行うことが推奨されています。
そうすると、施術効果も高まること請け合いです。
いたずらに奇を衒う(てらう)方法も悪くはありませんが、こうした理論と実績のあるオキシトシンであれば、自信をもってお客様にお勧めできます。

◆◇◆ ただ今オキシトンサンプル配布中です
~~下記よりオキシトンサンプル請求と書いてご応募下さい。~~
お問い合わせ

お問い合わせ